Pd RARADOX

HOME > BRANDING > 株式会社トーシンパートナーズさま

デビュー以来、
4年連続 GOOD DESIGN受賞。
新しいマンションブランドの開発。

全国の投資家に向け投資用マンション(土地の仕入れ〜設計〜施工〜販売〜管理〜アフターフォロー)を手がける。都心の1Kデザイナーズマンションを中心に実績は200棟1万戸以上、入居率99.4%(2017年11月)。何年たとうとも資産価値が高く、愛されるマンションづくりを目指している。

#1.年を経るごとに輝きを増すマンションとは 〜ブランドアイデンティティ開発〜

関連する部署を横断で、プロジェクトチームを結成。単にデザインがいい、立地がいいといったモノの価値だけでなく、そこに住むことがステータスになるような、ストーリーのあるブランドを目指しました。賃貸顧客ターゲットのキーワードは、「東京を自由に生きる」。美意識が高く、こだわりを持って、オンもオフもアクティブに楽しむ人。ブランドビジョンは、「onもoffも自分らしく輝き、その輝きが増していくような、かっこいい暮らしと、かっこいい日本をつくる」。コアとなるバリューは「センスが刺激される」「安全で、安心する」「実用的で使いやすい」の3つ。普遍的な価値を研ぎ澄ますことで、物事の本質を大切にするターゲットに共感いただけるよう、「機能美」と言えるようなマンションブランドを狙いました。永く愛されるということは、資産価値を維持できるということでもあります。それは投資用に購入されるオーナーさまにとっても大きな価値になり、「共存共栄の、あしたをつくる」という同社の理念にも合致すると考えました。2014年のデビュー以来、4年連続でGOOD DESIGN賞を受賞中です(2017年現在)。

▲ネーミングは「ZOOM」に決定。3つの価値にZOOM(研ぎ澄ます)し、暮らしをZOOM(広げる)するという想いを込める。文字も、「Z」「O」「M」の3つで構成。ロゴも、「Z」「O」「M」の組み合わせで空間を形づくっている。

▲単なるデザイナーズマンションではなく、ライフスタイルを高めるマンションとして、スローガンを開発。

▲投資用に購入するオーナーや仲介業者、社内への浸透のために、ブランドブックとブランドサイトを制作。

▲どんな暮らしなのか、そこに住む人のストーリーをイメージさせるため、適宜スタイリングも実施。

▲モノではなく、価値観での共感を狙い、ブランドムービーも制作。

#2.ストーリーを伝え、価値を可視化する 〜オーナー向けプロモーションツール〜

物件は、基本的に首都圏のみ。例えば地方に住むオーナーは、物件を見ずに購入を決めることもあります。投資用のマンションとして、なぜZOOMがいいのか。ZOOMのコンセプトとともに、物件ごとに異なる魅力を伝えるために、各種ツールを制作。営業現場を支援しました。

▲物件は、その土地ならではのストーリーをもとに、すべて違う顔つき。そこで物件ごとに特色を出したパンフレット、HPを制作。

#3.ZOOM指名を増やすために 〜ブランドプロモーションと象徴的なサービス開発〜

不動産の情報サイトや、街の不動産屋でたまたま出会うのではなく、賃貸顧客ターゲットから「ZOOMに住みたい」と指名される存在をめざしていく。そのために現在も、ZOOMならではのブランドコミュニケーションとは何か、独自のサービスとは何か、検討をつづけています。

▲2014年、象徴的な物件となったZOOM麻布十番リリース時には、ブランドプロモーションを実施。

▲独自のブランドとして成長をつづけるためには、常にイノベーションを起こしつづける必要がある。各部署横断のブランディングプロジェクトで、新たなサービスの開発や、ブランドコミュニケーションの戦略づくりを継続して行なっている(2017年12月現在)。