Pd RARADOX

HOME > BUSINESS > CORPORATE IDENTITY

CORPORATE
IDENTITY

全員が志の実現に向かう経営が
中長期的に強い組織をつくりだす。

中長期的に社会から求められる企業になるため、企業経営は目先の流行だけに捉われず、企業として変えてはならない不易を大事にしていくことが必要です。プロジェクトを通じて、その企業らしさをいかした独自の社会貢献をストーリー化し、ミッション(使命)やビジョン(目指すべき未来)といった企業理念の言語化を行うことで、企業としてのブレない幹の部分をつくっていきます。

CASE EXAMPLES

  • 組織が急拡大し、経営陣のメッセージが社員に届かなくなっている
  • 創業者が引退するタイミングで、文化やDNAを明確に残したい
  • 企業として目指すべき方向が定まらず、社内のリソースが分散してしまっている

PROCESS OF CORPORATE IDENTITY

  • PHASE 01

    事前調査

    1month

  • PHASE 02

    アイデンティティ構築

    5month

  • PHASE 03

    シンボライズ

    3month

  • PHASE 04

    ブランド戦略策定

    Fewdays

PHASE 01

事前調査

組織の現状や想い、根底に流れているDNAなどを把握するために、全社員サーベイや経営者インタビュー、複数名にわたる社員インタビューなど、さまざまな角度から調査を行います。

実際のフロー例
  • 全社員サーベイ

  • 現場社員インタビュー

  • プロジェクトメンバーインタビュー

  • 各種社内資料の事前理解など

PHASE 02

アイデンティティ
構築

SEEDSとNEEDSの接点からMISSIONを言語化し、
“必然性のあるブランドストーリー”をつくります。

01.企業のSEEDS(DNA・らしさ)考察

企業も「法人」というように、「人格」があります。そこでまずは、その企業がどんなキャラクターなのかをつかむことから始めます。創業者の人生や企業の歴史をしっかりと紐解き、「意志決定の基準」を明確にしていく作業を通して、その企業「らしさ」や「強み」を浮き彫りにします。

実際のフロー例
  • 経営者ロングインタビュー

  • メモリアルワークセッション

  • 伝説の仕事の共有セッション

  • らしさ共有セッション

02.社会のNEEDS(時代の課題・要請)考察

どんな企業にも選ばれている理由があります。真の顧客とは誰なのかを見極めつつ、その背景にある、世の中の課題を探っていきます。その企業の存在が、顧客だけでなく、その先にある世の中にどんな価値を提供しているのかということについて。俯瞰した視点で考え、存在意義を深めていきます。

実際のフロー例
  • 顧客・価値の考察

  • 時代の要請考察など

社会・顧客のNEEDS 世の中・時代の課題・要請 真の顧客ブランドパートナー MISSION 提供価値 企業・商品のSEEDS DNA・らしさ社会・顧客のNEEDS 世の中・時代の課題・要請 真の顧客ブランドパートナー MISSION 提供価値 企業・商品のSEEDS DNA・らしさ

03.言語化(ワーディング)

ミッションを軸に、コーポレートアイデンティティを言語化します。
主な構成要素としては、以下のものがあります。

MISSION日々果たすべき使命

VISION実現したい未来

VALUE顧客に約束する価値・強み

SPIRIT社員ひとりひとりが大切にすべき精神

SLOGANブランドの合言葉

コーポレートアイデンティティ全体像 VISION 実現したい未来 企業軸 未来軸 個人軸 VALUE 約束する価値・強み MISSION 日々果たすべき使命 SPIRIT 大切にすべき精神 シンボル化 SLOGAN ブランドの合言葉コーポレートアイデンティティ全体像 VISION 実現したい未来 企業軸 未来軸 個人軸 VALUE 約束する価値・強み MISSION 日々果たすべき使命 SPIRIT 大切にすべき精神 シンボル化 SLOGAN ブランドの合言葉
実際のフロー例
  • 各ワーディングの提案・検証

PHASE 03

シンボライズ

言語化されたアイデンティティを視覚化します。統一されたイメージで社内外に浸透させていくために、セッションを通じて、ビジュアルアイデンティティのあるべき姿を探ります。

実際のフロー例
  • パーソナリティの考察

  • カラーの考察

  • フォントの考察

  • ビジュアルイメージの考察

  • ビジュアルアイデンティティ全体の考察など

パーソナリティ・カラーの考察 VI全体の考案パーソナリティ・カラーの考察 VI全体の考案
PHASE 04

ブランド戦略策定

言語化されたアイデンティティを軸に、経営戦略と連動する形で、全領域を貫く戦略を立案。
具体的な計画や行動に落とし込みます。