こころざし応援団

twitter

衣装協力

  • ragtag
  • j.ferry
  • rochel
  • lipstar
  • coohem
  • peopletree

プロフィール

ビリー・昂祐・マーティン(Billy Kosuke Martyn)

2004年、バージニア大学国際関係学部へ入学。在学中に京都大学へ留学。
2008年、大学卒業後に東京へ移住し、クレディ・スイス証券株式会社、ブルームバーグ株式会社にて経験を積む。
2010年2月、兄のジョンらとともにABCLoop, LLCを設立しCEOに就任。

 

ジョン・英誉・マーティン(John Hideyoshi Martyn)

2002年、ジョージ・メイソン大学国際関係学部へ入学。在学中に上智大学へ留学。
2007年、大学卒業後はニューヨークの資産運用会社にて経験を積む。
2010年2月、弟のビリーらとともにABCLoop, LLCを設立しCOOに就任。

Loopでの会話が、生活の一部になる!

「言語学習」というと、どんなことを思い浮かべますか?大学の外国語の授業?駅前の英会話スクール?週に1、2回くらい通ってもなかなか上達しなかったり、他のことで忙しくて結局めんどくさくなってしまったり・・・といった苦い経験がある方も多いのではないでしょうか。ABCLoopは、そんな「言語学習」をぐっと身近でわくわくするものにしてくれるソーシャル言語学習サイトです。このサイトでは、“Loop”というオンラインコミュニティ内で行われる会話をメンバーどうしが翻訳や添削をすることで、お互いに助け合いながら楽しく他言語を学ぶことができます。創設者であるビリーさんとジョンさんにお話を伺って来ました!

言語の違いが、学びの機会をつくる。

 実の兄弟であり、共に会社を創設した同志でもあるジョンさんとビリーさん。お二人は父親がアメリカ人、母親が日本人で、二つの国そして二つの言語のバックグラウンドを持っています。彼らが高校時代からの友人であるフランキー・チャンさんとともに、言語学習コミュニティサイト「ABCLoop」を開設したのは2010年10月のこと。もともとは、フルタイムのビジネスではなく趣味として始めたサービスだったそうです。

 幼い頃からアメリカで暮らして来たお二人にとって、日本語を使う機会といえばお母様との会話のときだけでした。そのため、帰省した際に日本で暮らすお友達や親戚との会話で指摘されて初めて、自分が使ってきた日本語の間違いに気付くことがよくあったとか。そんなご自身たちの経験から、「リアルタイムでちょっとした言葉の間違いに気付かせてくれるようなサービスがあったらいいな」というアイディアが生まれました。さらに、お二人の日本人のお友達の多くは日本語版のみのSNSを使っていたため、日本語と英語どちらでも使えるソーシャルネットワークをつくろうと考えたのです。

感謝の連鎖で広がるネットワーク。

 ABCLoopのサイトでは、共通の興味や趣味を持つユーザーたちが集まってコミュニケーションをとっています。「英語でしりとり」「Fashion「Japan travel」「K-POP」など様々なトピックのLoopsがあります。主婦の方々には特にCooking Loopが人気だとか。自分の好きな話題なら、気軽に楽しく話せそう!これなら、1週間に1回のクラスに通うよりもずっと“part of our life”として、いつでもどこでもスキマ時間に言語に触れることができますね。

 また、ABCLoopでは、ユーザーを増やすための宣伝などは一切しておらず、全て口コミで自然と広がってきたのだそう。最初は、留学生をはじめとする大学生のコミュニティが中心だったユーザー層も、現在は社会人や主婦の方々など様々な層に広がりました。自分の文章を添削してもらった恩返しに今度は別の人の文を直してあげたり、ありがとうボタンを押してみたり…という感謝の気持ちが波紋のように周りに広がっているのです。まさに、「ありがとう」のループ。そんなループが今では世界の1万人ものユーザーにまで広がっています。

Shared Vision Leading the World.

 取材の最後に、ビリーさんとジョンさんから会社の理念について紹介していただきました。

 Think big, Action beats talk, Be positive, Be aggressive, Team Spirit, Take ownership, Keep Learning, Enduranceという、全部で8つの理念。起業したのが最近かつ社員数も少ないにも関わらず、このようにしっかりとした理念を確立しているのは、極めて珍しいこと。共に働く人どうしで同じバリューを共有し、ひとつの方向を目指すことを大切にしているそう。お二人は、会社の経営をしていて今までに大変と感じたことは何もないといいます。上記のような共通のビジョンがあり、チームでお互いに助け合っているからこそ、障壁となるものも少ないのでしょう。その理念は、ABCLoopの今までの成長の過程にもよく反映されています。人と人とのつながりが温かい感謝の気持ちの連鎖をつくり、大きなコミュニケーションの輪が日々ABCLoopで生まれています。

 

 

ランゲージクラウド株式会社
所在地 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 代官山DGビル Onlab 11F303
事業内容 言語学習SNS「ABCLoop」,語学教育管理システム「Language Cloud」の企画・運営
ランゲージクラウド株式会社 URL: https://languagecloud.co/#/home
ABCLoop URL: http://abcloop.com/

編集後記 取材 ・永岡さやか|Photo : 岡真人

 クールな見た目とは裏腹に、熱いスピリットを持った九州男児のビリーさんとジョンさん。会社の理念を語るお二人は、まさに情熱そのものでした!お二人とも日本に在住しながら英語と日本語の両方を使いこなしていらっしゃるのは、ABCLoopのおかげなのかも!?ABCLoopを通して、これから多様なコミュニケーションの輪がもっともっと生み出されていくのではないかと思います。

pagetop