こころざし応援団

twitter

衣装協力

  • ragtag
  • j.ferry
  • rochel
  • lipstar
  • coohem
  • peopletree

プロフィール

水野雄介(みずのゆうすけ)

1982年生まれ。教員として高校に勤務後、コンサルティング会社に入社。

その後2010年、ピスチャー株式会社を設立。現在はLife is Tech! を通じて中高生のIT教育を行う。

デジタルネイティブの可能性を伸ばしたい。

 英語圏で育った人たちが英語のネイティブと言われるように、生まれた時からインターネットやパソコン、ゲームを当たり前のように使ってきた今の中高生はまさにデジタルネイティブな世代。そんな可能性あふれる子供たちに、学校では教えてくれないITの学びの場を提供するのが株式会社ピスチャーのLife is Tech! というプログラム。年に数回大学のキャンパスで中高生を対象としたアプリ開発やプログラミングのキャンプを開いています。

日本の教育を変えるには起業しかない!

 大学院卒業後、水野さんが最初に選んだのが高校教師という仕事でした。しかし、一度も社会に出たことのない自分がこれから社会に出る子供たちに何を教えられるのだろう?という思いから3年という期限付きで一度企業に就職することを決意します。「3年勤めたらもう一度先生になろうと思っていた」。と言う水野さんですが、社会に出たことで少しずつ考え方が変わってきました。21世紀に入り情報化やグローバル化が進んだ今、社会に求められる人材は変わってきているのにも関わらず、人材を育てる教育制度は全く変わっていない。そう感じた水野さんは次第に「日本の教育を根本から変えていきたい」。と強く思うようになります。

 とはいえ、一人の教師が国全体の教育を変えることはなかなか難しいし、かといって教育委員会から変えていくのも時間がかかる…頭を悩ませるうちたどり着いたのが“会社”という形でした。会社として本当に良いサービスを提供することができれば興味を持ってくれる人がきっといるはず。そういう人が増えれば教育そのものを変えることができる!と考えたのです。

絶対に必要なサービスだと確信していた。

 「どちらかというとポジティブな方なので苦労を苦労って思わないのかもしれない」。と話す水野さんですが、資金の面ではかなりの苦労があったのだとか。実際に起業してから最初のキャンプが開かれるまでの10ヶ月はかなり経営が苦しい時期が続いたそうです。それでも進み続けられたのは、“自分が作ろうとしているサービスは今の日本に絶対に必要なもの”という強い確信があったからでした。

 今の日本の就職内定率は約60%、つまり多くの企業が学生の受け入れを渋っているのが現状。即戦力になる優秀な学生は欲しいけれど、育てる手間のかかる学生は最初から要らないというわけです。大人が作りあげた教育制度で育った学生なのに“即戦力にならないから”という理由で門前払いにするなんて大人の勝手すぎるんじゃないか?自分にはこの“教育”と“採用”とのギャップを埋める義務がある!と考えたのです。何とか資金のやりくりをしながらようやく迎えることのできた第一回目のキャンプ。今の中高生のニーズを見事にとらえたLife is Tech! は大成功し、わずか1年のうちにリピーターも出るほどの人気プログラムに成長しました。

IT業界にも甲子園を!

 そもそも日本は大学受験の仕組みが強すぎるのが問題、と語る水野さん。受験していい大学に入るのが子供にとって一番の幸せだと思っているから、親は大学受験に投資する。もし大学受験に代わる幸せの作り方を見つけることができれば保護者の支持を得られるのではないか?と水野さんは考えました。

 たとえばプロ野球のドラフト制度。「甲子園で活躍する選手にプロの球団が声をかける。選手は指名された球団でプロ野球選手になってもいいし、大学に進学して野球を続けてもいい。こんな制度がIT業界にあってもいいと思うんです」。と水野さんは語ります。野球の得意な高校生にプロと大学という選択肢があるように、他の方面で秀でた高校生にとっても企業と大学という選択肢があってもいいはず。企業が競い合って輝く学生を“ドラフト”することで、大学や企業といった枠を越えて自分にとってより幸せな道を彼ら自身が選べるような、そんなシステムを確立したいと考えています。

 現在全国の高校球児の数は約16万人。教師時代の経験から野球が好きな生徒と同じくらいパソコンやゲームの好きな生徒が多いと感じた水野さんは、将来的には20万人規模の“IT版甲子園”を構想しています。「全国16万人の高校球児が目指す甲子園からイチローが生まれたのなら、20万人のIT甲子園からフェイスブックをつくり上げたザッカーバーグが生まれるのも夢じゃない」と語ってくれました。めまぐるしい変化を遂げていくIT業界。 高校生の「甲子園」といえば野球ではなくパソコンに向かってアプリの開発、なんて時代が来ても不思議ではないのかもしれません。

メッセージ

ピスチャー株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿1丁目
事業内容 IT教育プログラム「Life is Tech!」の企画・運営戦略MG研修事業採用支援事業
ピスチャー株式会社URL : http://pieceture.com

編集後記 取材 ・高見悠里|Photo : 西村裕介

 パソコンやゲームが得意な中高生にITの学びの場を!という夢のあるプログラム。その後ろには社長の日本の教育を変える!というもっともっと大きな夢がありました。

pagetop