こころざし応援団

twitter

衣装協力

  • ragtag
  • j.ferry
  • rochel
  • lipstar
  • coohem
  • peopletree

プロフィール

吉野 慶一(よしの けいいち)

慶応義塾大学経済学部、京都大学大学院、オックスフォード大学大学院卒業。モルガン・スタンレー証券株式会社(現モルガン・スタンレーMUFI証券)投資銀行アナリスト、スピードウェル株式会社(投資顧問・ヘッジファンド)アナリスト、(財)統計情報研究開発センター研究員を経て、2011年Dari K株式会社を設立。

インドネシア産にこだわったチョコレート専門店。

 

Dari Kは、カカオの一大産地であるインドネシアのスラウェシ島のカカオ栽培農家の方々から最良の豆のみを輸入し、素材を最大限に活かすために生カカオ豆の焙煎から、工房での手作りまで、一貫して行っています。手間と工夫を凝らしたDari Kのチョコレートは、一口含むといきなりカカオの風味が口いっぱいに広がり、たちまち鼻腔までも占領してしまいます。しかし、後味は驚くほどにすっきりしていて、チョコレートによくあるのっぺりと残るいやな感覚は全くありません。わざわざすべて一貫して行うことには、わけがあります。それは、インドネシアと日本、農家と商社の複雑な事情が関係していました。

自分の作ったものが食べられない農家が存在しているっておかしい。

 

Dari Kのチョコレートがインドネシアのカカオ豆のみを使用しているのは、数年前、海外のある国のカフェで、インドネシアでもカカオ豆が取れることを知ったことから始まります。アジアで経済の研究や、旅行を何度もしてきたにもかかわらず、その事実を知らなかったことにショックを受け、詳しく調べ始めたのです。するとインドネシアは世界第3位のカカオ豆の生産量にもかかわらず、日本ではカカオ豆輸入量の全体の数パーセントにも満たないということがわかりました。


日本でインドネシア産のカカオ豆なんて聞いたことない。しかしたくさん取れているのに日本に入ってこないのは、なぜなのだろう。吉野さんは違和感をもち、この問題をよく知るために現地に行くと、農家の立場が弱いことが発覚しました。インドネシアはカカオ豆の輸出の際、政府が一括して手続きなどをしません。よってカカオ豆の値段や輸入量にばらつきが出て、安定した輸入ができないため、日本にはインドネシア産のカカオ豆が入ってきづらいのです。すべてはメーカーと商社の意向によって取引が決まってしまいます。カカオ豆は生のままより発酵させたほうが品質は良いのですが、収穫したらすぐ換金したいという農家の都合から、生のままで輸出する農家が多いのです。商社にとっては、いかに安くするかを考えているので、発酵しようがしまいが、関係なくなります。なので、農家は自分のカカオ豆の質の上げ方もわからず、ほかのものより安く買われてしまうという問題が。


「そんな現状なので、スラウェシの農家の人は、自分の作ったカカオがどのように加工されているのかわかりません。そのカカオで作られたチョコレートなんて食べたことない。もちろんカカオをチョコレートにする技術は持ち合わせていないので、食用だけでなく工業用として利用されています。もっとおいしい食べ方があるのにそれが食べられないなんて、そんなのおかしいって思ったんです。だから、何かできないかと思いました」。

公平な取引は、作る人も食べる人も関わっている。

 

スラウェシ島のカカオ豆の質を上げて、世界で通用するようにし、農家が自分で作ったカカオ豆を食べられるようにするにはどうしたらよいか。農家がカカオ豆の生産からチョコレートの製造、さらには販売まで一貫した工程をできるようになればいいのではと吉野さんはひらめきます。


「このモデルが実現すれば、取れたてのカカオ豆から自家焙煎して作ったチョコレートをインドネシア国内で売ること、そして農家の人が自分で作ったカカオを食べることに近づきます。それを僕たちが作れば、応用が利きますよね」。


しかし、このモデルを実現するには、さまざまな壁が。カカオ豆の質の向上のため、発酵の重要性を説いて、契約農家になってもらうところから始まります。一緒に発酵を手伝い、生カカオ豆の酸っぱい香りから、ほのかなチョコレートのような香りに変わることを農家の人に実感させ、無事に発酵済みのカカオ豆の取引の契約にこぎつけました。


消費者に対しても働きかけが必要と感じた吉野さんは、店頭、ブログ、講演会などでインドネシアの農家の現状や、消費者の立場からのフェアトレードを伝えています。
「食べてもらう人にも、どうしてこの価格なのかってちょっと考えてほしかったんです。‘そのチョコレートって、ちゃんと農家も商社も消費者も納得する適正価格なのかな’って。そんなきっかけづくりが今回のモデルはもちろん、フェアトレードを達成するときには欠かせないと思いました」。

Think Global Act Local.
(グローバルを考え、地域で行動を起こす。)

 

「Dari Kは、インドネシアや世界のことを考えながら、日本、京都で問題解決のためにできることを考えるというスタンスです。普通の企業は自分たちの問題に対し海外で解決の糸口を見つけることが多いですが。僕は問題解決型なので、いつも何が必要だろうと落とし込んでどんどん実現させていく」。


そんなチョコレート、インドネシア、フェアトレードなど様々な視点から問題を見て、解決策を考えてきた吉野さんの次のビジョンは・・・
「カカオ豆の可能性を広げたいですね。やはりカカオ豆=チョコレートという先入観があるので、それを払拭したいです」。


カカオ豆の原産地では、すりつぶしソースとして使ったり、お茶として飲んだりと、まだまだ知らない用途があります。実際にフランス料理店ではカカオ豆をソースとして使用しているところもあるそう。広めていくことで、カカオ豆の需要がチョコレートをつくること以外であれば、よりカカオ豆の価値があがると吉野さんは考えています。
「新しいグローバルの考え方でしょう。僕のやっていることは。日本でもグローバルな仕事ってできるんです」。

メッセージ

Dari-K株式会社
所在地 〒604‐8801 京都府京都市中京区今新在家西町22 1F
設立 2011年
事業内容  チョコレートの加工、販売
Dari-K株式会社 URL : http://www.dari-k.com/

編集後記 取材 ・栗山遠音|Photo : 本郷淳三 本郷淳三写真事務所

 自分の勉強不足をまざまざと実感した取材でした。一つの問題はこんなにもいろんな方向から見て、考えていって、解決策を実行しないといけないのだなと思いました。まずは知ることから始めようと思いました。そうでないと何か問題であるかってわからないですからね。

pagetop