こころざし応援団

twitter

衣装協力

  • ragtag
  • j.ferry
  • rochel
  • lipstar
  • coohem
  • peopletree

プロフィール

水谷孝次(みずたに こうじ)

1951年名古屋市生。1977年日本デザインセンター入社、1983年水谷事務所設立。1980年東京ADC賞を皮きりに、N.Y.ADC国際展・金賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞・特別賞、コロラド国際ポスター招待展最高賞、など国内外のグラフィックデザイン界において数々の賞を受賞。1999年より「MERRY PROJECT」を開始。2005年の愛知万博、2008年の北京五輪、’10年上海万博をはじめ、MERRY(幸せ・楽しい・夢)を伝えるデザインを提供している。

世界中の笑顔とMERRYを集める。

「あなたにとって、MERRYとは何ですか?」MERRYとは、楽しいこと、心が弾むこと、将来の夢など、自分なりの幸せのことです。このシンプルな質問を世界中の人に問いかけ、彼らの笑顔とこの質問への答えを集め、傘にプリントしたりデータベース化したりすることでそれを発信しているのがMERRY PROJECTです。今までに世界27ヶ国以上の30,000人以上の人たちのMERRYな笑顔が集まっています。まさに、幸福にする仕事。そんなMERRY PROJECTを立ち上げ、世の中に次々とMERRYを生み出している水谷さんを取材させていただきました!

心を込めることで、世界を平和に近づけたい。

水谷さんは、「世界を平和にしたい」という強い思いを幼少期の頃からずっと持ち続けています。その原動力となったのは、お父様が戦争で耳を負傷して片耳の聴力を失ったことで家族に刻まれた戦争の悲しさ。そんな平和への強い思いから、大学時代には「心を込める」ことの大切さを知るきっかけとなった出来事を経験しました。


「僕は高校から大学にかけての頃は、音楽で世界を変えたくて音楽活動に夢中になっていました」。水谷さんは女子短大の学園祭でコンサートをすることになっていたある日の朝、ケネディの暗殺事件のニュースを知りました。「そこで僕は自作の『ロバート・ケネディの歌』を唄ったんです。連日のコンサートで声もかれていたし、途中でギターの弦も切れてしまったけれども、亡くなったケネディと平和への想いを込めて、心を込めて唄いました。気付くと、普段はほんの数人を引きとめるのも大変だった僕らの歌を1000人もの聴衆が聴き入っていたんです」。そして唄い終った後に拍手喝采を受けた水谷さんは、「心を込める」ことが人の気持ちを動かすのだということに気付いたのです。

水谷さんは大学卒業後にデザイン会社に就職し、その後は広告やデザインの世界で様々な作品を世の中に送り出してきました。

本当の幸せとは、人を幸せにすることだった。

MERRY PROJECTの合言葉は、「笑顔は世界共通のコミュニケーション」。


水谷さんは今までに、様々な国を訪れて各地でMERRYを撮り続けてきました。ベネチア、ベルリン、アムステルダム、ヘルシンキ、モスクワ、パリ、バルセロナ、などなどヨーロッパ各国の都市をまわった後、エジプトのカイロとルクソール、そしてその後はアフリカに渡りました。水谷さんは、ケニアのスラム街での大きな出来事を話してくださりました。


「僕が『あなたにとってのMERRYは?』と尋ねた時、ある少女は『You』と答えました。彼女は、『私は今まで心から笑ったことがなかった、MERRYが何かなんて考えたこともなかった。今日が初めてよ。私にとって今日は今までで一番幸せな日。私にとってのMERRYはあなたです』と言ってくれたんです。撮影している中でそんなことを言われたことは無かったので、その日は僕にとっても究極のMERRYを発見できた日でした」。


MONEYを生み出す商業的なデザインではなく、LOVEそのものである世界の子ども達の笑顔こそが、水谷さんにとって究極のデザインだったのです。

笑顔は、復興を導く力を持っている。

MERRY PROJECTではこれまでに、阪神大震災を経験した神戸、9.11のテロの起こったニューヨークなど、心に傷を負った街や笑顔が必要な街で、笑顔の傘を咲かせて人々へMERRYを与えてきました。


2011年3月11日に起こった東日本大震災。そして大きな被害を受けた人たち。彼らのために、水谷さんは立ち上がらずにはいられませんでした。復興支援プロジェクトとしてMERRY SMILE ACTIONを立ち上げ、これまで福島県いわき市、宮城県東松島市、岩手県陸前高田市で支援活動を実施しています。震災後に初めて迎えるクリスマスにはいわき復興のメッセージを笑顔と一緒に発信するためにMERRY SMILE XMAS inいわきを開催しました。クリスマスは、誰にとってもMERRYなものでなくてはなりません!一昨年に引き続き、昨年12月23日にもいわき市にてMERRY SMILE XMASが開催されました。


当日は、私もいわきまで参上し、サンタさんの一員となって微力ながらもお手伝いさせていただきました!イベントでは笑顔の傘のお披露目やアーティストの方々によるパフォーマンスなど盛り沢山で、子どもから大人まで多くの参加者の皆様が楽しんでいらっしゃいました。その日の福島は雪がちらつくほど寒い日だったのですが、いわきの子ども達のたくさんの笑顔を間近にして、私自身もほっこり温かな気分になれました。

当日のまとめムービーはこちら!

メッセージ

特定非営利法人MERRY PROJECT
所在地 東京都港区元麻布3-1-38第五谷澤ビル7BC
事業内容 世界中のあらゆる場所で生きる人々に対して、笑顔の素晴らしさを通じて「MERRY」な気持ちの繋がりを増やし、 社会貢献活動への取り組みを活性化させる。
特定非営利法人MERRY PROJECT URL : http://www.merryproject.com/

編集後記 取材 ・永岡さやか|Photo : 市川智也(from AgeHA graph)

 いつも「心をこめる」ことを大切に、何事にも真剣に取り組む姿勢は、誰もが忘れてはいけないことだと強く感じました。私も、笑顔があふれる平和な世界をつくることに貢献できる人になりたいです。

pagetop