こころざし応援団

twitter

衣装協力

  • ragtag
  • j.ferry
  • rochel
  • lipstar
  • coohem
  • peopletree

プロフィール

田之上 幸市(たのうえ こういち)

鹿児島県出身、1972年生まれ。
大学中退後に入社した会社でデータベースマーケティング、BtoBのマーケティングの企画営業に従事。マーケティングもやりたいが音楽もやりたいという夢を抱き、2000年起業。独自の提案から顧客を開拓し、2010年にはセッション用音源サイトadd9thRecordsをスタート。現在、リニューアルと“人は音楽と共に成長する”をテーマに再構築に入り格闘中。座右の銘は「着眼大局、着手小局」。

ユニークな音楽ビジネスを世界に打ち出す。

数あるコンテンツの中から、お客様の要望に応じてサービスを提供する。それがザップ株式会社です。ダイレクトメール、テレマーケティング、Web制作・開発、SEO対策、名刺のデジタル化…。挙げていけばキリがありません。そして、その中でも目を引くのが、”ユニークな音源の制作”。ユニークな音源…。どんなものなのでしょう?そして、音楽に情熱を持ち続ける田之上社長の想いとは…?

日本発の世界で勝負できるサービスを追求していく。

ザップ株式会社が作るユニークな音源とは、“楽器演奏者向け音源”のこと。CDとしてリリースされている曲を、歌・主旋律のないリズム中心の音源ファイルにリニューアルし、それをパソコンやMP3プレイヤーにダウンロードできるサービスです。いわゆる、楽器演奏者用のカラオケですね!今まであるようでなかった魅力的なサービスです!

-サービスを思いついたきっかけは何だったんですか。

「やっぱり、他の人がやっていない領域に行かないと勝てないと思ったんです。それと、日本発で世界に売っていけるものをビジネスとしてやっていきたいという想いがありましたね」。

-私もギター弾いていたので、このサービス魅力的だと思いました!
 これから先はどうしていくんですか。

「実は、今はこの音源配信サービスを再構築していこうと考えています」。

-再構築というのは、どういうことですか。

「”人の音源をリニューアルして売る”ことは、本当に自分たちがやりたいことではないなと気づいたんです。では何をするべきなのかというと、楽器練習用の音源の開発だったり、もっとシンプルでわかりやすい音源を作ることだったり。他人のコピーを使ってビジネスをやっているのでは、自分たちの価値観って提供できないなぁと思いました」。

-自分たちの価値観というのは?

「私たちがビジネスをやる上での想いは3つあって。1つ目は、音楽を好きな人達に音源を提供したいということ。2つ目は、今まで自分たちがお世話になった音楽環境に対して何ができるかということ。そして3つ目は、グローバルな視点でビジネスをしていきたいということです」。

きっかけは、担任の先生のエレキギター。

-今、音楽をビジネスにしていますが、もともと音楽は好きだったのですか?

「小学校4年生のときの担任の先生が、学校でエレキギターを弾いてくれたことがあって。エレキギターの音を生で聴く初めての機会だったのですが、あれは衝撃でした。その頃から、楽器演奏に興味を持って、音楽にも多く触れるようになったと思います」。


その後、田之上さんが中学生、高校生、大学生になっても、音楽に対する情熱だけは冷めませんでした。そしてマーケティング会社に入社し、4年間働いた末に起業。4年間で培ったマーケティングのノウハウを生かした事業に加え、2010年には大好きな音楽の事業を立ち上げました。

―起業して不安などはなかったのでしょうか。

「もちろんありましたよ。収入も不安定で夜も眠れない日々が続きました。経営者のほとんどが、きっと、そんな経験をしてきていると思います」。

-孤独や不安と戦いながら、それでも上を目指して歩みを進めていくことが、どんなに辛いことなのか、身をもって知っているんですね。
ところで、田之上さんは、どんな学生時代を過ごされたんですか。

「高校生の頃は、朝から晩まで勉強をしていました。授業が、1限からではなく、0限からあったんです。周りもそれをこなしていたので、当然という感じで。大学は、自分が思い描いていた大学生活と現実があまりにもかけ離れていて、途中で辞めてしまうのですが、どんなに環境が変わっても音楽だけはいつも傍にありましたね。音楽から離れるというのが逆に考えられなかった。自分の一部のような感覚でした」。

他の誰でもない、自分が好きなことに突き進め。

小学生の頃からの音楽に対する「好き」という気持ちを持ち続け、ビジネスとして築き上げた田之上さん。最後に、学生へのメッセージをお願いしました。


「漫画が好きだとか、小説が好きだとか、あるいは、世界地図を見て地名と特産物を覚えるのが好きだとか、もしかしたら無駄かもしれないと思えることに対して、真剣に、寝食忘れるくらいできることって、2つ3つは欲しいですよね。それがないと、自分のアイデンティティというか、コアな部分がないまま生きているという感じがしてしまう。もし、“くだらないこと”と自分が思っていることだとしても、追求し続けて下さい。自分だけの価値観というものを持っておくと、相手のことも理解できるし、認めてあげられるようになると思うんです。
制限なんて設けなくていいんです。本当になんでもいい。自分の好きなことに対して素直になって欲しいですね」。

メッセージ

ザップ株式会社
所在地 〒155-0033 東京都世田谷区代田5-28-7桜井フラット102
URL http://www.zap15.co.jp/
事業内容 新卒採用に関する情報提供サービス
ダイレクトメールの発送代行業務
情報処理サービス業・情報提供サービス業
マーケティング業務
インターネットを利用した情報提供サービス
広告制作業
音楽イベントの企画・運営、メディアへの配信業務
音楽の作詞・作曲・編曲・演奏・業務
著作権マネジメント代行サービス
インターネットを利用した音楽配信業務
音楽CD・DVDの企画・制作・販売業務
出版物の企画・制作・販売業務
音楽による福利厚生イベントの企画・運営
前各号に付帯する一切の業務

編集後記 取材 ・新藤 未来|Photo : 安藤 史紘

田之上社長が音楽のお話をされるとき、終始良い笑顔で、こちらも楽しくなってつられて笑ってしまうような、そんな取材でした。ZAPさんの音源サービスが進化する日が楽しみです!私ももうすぐ大学を卒業して就職する予定ですが、田之上さんのおっしゃるとおり、自分の好きなことに向かって頑張っていきたいと思います。

pagetop