Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 石坂産業株式会社

CATEGORYコーポレートブランディング 

CREATIVE企業理念/CI

TYPE産廃処理業

AREA埼玉県 

石坂産業株式会社|理念策定

【クライアントの要望/課題】同社が貫いてきたのは、ゴミにしない技術。プラントでは産業廃棄物の98%を減量化・再資源化率しています。めざす未来は、人と自然と技術が共生する社会。そのためには社会や一人ひとりの意識を変えていく必要がありました。その一方で課題となっていたのは「産業廃棄物業界」の持つイメージゆえか、石坂産業さま本来の姿が伝わっていないという現実。同社の想いを実現し、社会を変化させていくためには、志を正しく理解し、共感していただき、水面に波紋が広がるようにムーブメントを起こしていく必要がある。いかにして「見える化」するか、が重要な課題でした。

【コンセプト/アイデア】Mission「自然と共生する、つぎの暮らしをつくる」
同社の里山づくりや環境教育、多様な国・企業・人との共創による技術開発と研究、エコプロダクツやオーガニック商品、そして室礼による日々のおもてなしは、これからの地球に必要なライフスタイルをつくり、啓蒙していく取り組みです。地球が枯渇するのではなく、地球が育まれる。豊かに暮らすことが、豊かな地球につながる。自然と共生する暮らしの素晴らしさを、一人ひとりに届け、世界中の文化として根づかせていくことを目指している企業へ、という想いを込めました。

Slogan「自然と美しく生きる」
人と自然と技術の共生へ。その実現のためには、さまざまな人や企業、国と手を取り合い、協力していくことが欠かせません。そこで「石坂産業はこれをやります」という言葉ではなく、共感していただける社会みんなの旗印になる言葉、「こういう生き方をしよう」と⼼に刻まれる⾔葉をめざしたいと考えました。美しい自然、美しい生き方。美意識。自然と美しく生きる、とはどういうことか。一人ひとりが考えながら一歩一歩前に進んでいく世の中を目指して。


※石坂産業様の理念体系は2020年度に以下のように変更となり、さらなるスタートを切っています。

<Mission>
自然と美しく生きる、つぎの暮らしをつくる

<Vision>
Zero Waste Design

<Slogan>
自然と美しく生きる

【効果/クライアントさまのお声】 ◎様々な団体・企業とのコラボレーションが生まれる/国境を越えた提携も生まれている
◎「減量化・再資源化率は95 → 98 %」「エネルギー創出のテスト開始」「オープンラボ構想に向けた行政への申請」など、掲げたビジョンやメンバーを巻き込みながら 着実に推進されている。