Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 株式会社リクルートライフスタイル

CATEGORYインナーブランディング

CREATIVEインナーブランディングの制作物

TYPEIT・情報業界

AREA 東京都

AWARD第40回 2019 日本BtoB広告賞 PR誌の部 経済産業大臣賞

CLIENT株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル | らすた防災 「隊長のここぞセット」

クライアント紹介・課題株式会社リクルートライフスタイルは「じゃらん」「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティ」など、日常消費領域で事業・サービスを展開している企業。拠点は全国に約50箇所以上、社員は約3500名以上にものぼります。

2011年以降の地震や豪雨などにより、同社の地域拠点においても大きな被害を受けていました。様々な自然災害から全国で働く社員やスタッフの命をどう守るか。そして地域に根ざした企業として、社員の家族や地域の人々への責任をどう果たしていくべきか。社員一人ひとりの防災意識を高め、地域の防災拠点になっていこう。そんな企業の姿勢から生まれたのが「らすた防災プロジェクト」です(「らすた」はライフスタイルの略称)。

コンセプト・アウトプットらすた防災のコンセプトは「尊厳と笑顔を忘れない防災」。いかなる有事の際でも、人間としての尊厳を大切に、笑顔を忘れずにいよう。“日常をちょっと豊かにする”という、リクルートライフスタイルらしさを大切に様々な施策を実施しました。

その施策の一環として、災害時に初動対応のリーダーとなるマネージャー向けに制作したのが「隊長のここぞセット」です。有事の「ここぞ」という時に、メンバーを守るためのマニュアルやペンライトなどのツールを同梱。マニュアルには、行動フローや安否確認・エスカレーション、応急処置の方法などをわかりやすくまとめています。また、「逃げ方ブック」では、ネガティブなリスク認知ではなく、「逃げろ」を編集コンセプトに、地震や異常気象など7つの災害からの逃げ方を編集していきました。

効果・お客様の声弊社のマネージャー陣は平均年齢30歳。育メン・ワーママも年々増加しています。つまり、災害弱者が初動対応時の率先リーダーです。だから、初動対応時の行動は単純化しなければいけません。先日の北海道胆振東部地震では、らすた防災の備蓄品やAED-BOXが、現地の災害対策本部での配布品の中心となり、さらに納品されたばかりの「逃げ方BOOK」が、本社の災害対策本部に持っていかれ、むさぼるように社員が読んでいました。6月18日大阪北部地震、7月末逆走する台風12号、記録的猛暑、9月4日スーパー台風21号、そして北海道胆振東部地震。この3ヶ月だけでも自然災害の猛威にさらされており、残念ながらこれは今後も増加していくはずです。これからも「被災しても人としての尊厳と笑顔を忘れさせない」らすた防災・減災・縮災プロジェクトを推進していきたいです。