Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 日本サニパック株式会社

CATEGORYコーポレートブランディング 

CREATIVE会社案内/コンセプトブック

TYPE衣料品・化学製品製造業界

AREA東京都 

CLIENT日本サニパック株式会社

日本サニパック株式会社|理念浸透ブック・会社案内リーフレット

クライアント紹介・制作背景日本サニパック株式会社は、ポリ袋・ゴミ袋の開発、自社工場による製造および販売を一貫して行う企業で、シンガポールに支店、インドネシアに工場を持っており、2020年には設立50周年を迎えました。パラドックスでは、日本サニパック株式会社のコーポレートブランドのリニューアルを担う伊藤忠ファッションシステム株式会社とともに、このたびの設立50周年を節目に「日本サニパック株式会社が向かうべき姿」を新たに定義しました。また、それに伴い、社内に新たなミッション・ビジョン(理念)の浸透を図るツールや、社外にメッセージングを行うためのツールを開発しました。

コンセプト・アウトプット理念浸透ブックでは、対象を国内外の社員とし、リニューアルされた「清潔で快適に暮らすためのソーシャルインフラになる。」というミッションを軸に、日本サニパック株式会社が目指す未来の姿をイメージさせ、そこに向かって「何を大切に」「どう行動していくのか」という一連の流れをストーリーで伝えることで理解しやすくしました。全社員が理念を正しく理解できるよう、日本・インドネシア・シンガポールと各国の言語で翻訳して配布しています。

会社案内リーフレットは、お客様を対象にしたものです。新しく掲げた理念に共感いただくことで、バリューに定義した「共創活動」を推進することができ、結果として理念の実現に向かうことが可能になります。そこで、営業スタイルを「製品を営業する」方法から、自社の理念に共感をいただいた上で「ソリューションを提案する」方法へ変更するため、理念をストーリーで語るところから始めるリーフレットを開発しました。

お客様の声当社の目指すビジョンを言語化するとともに、旗印となるロゴマークを開発していただきました。会社案内やブランドブックを制作したことで社内外へ浸透させやすくなり、社内からは、新しくできた理念ともリンクする商品の開発・展開施策の検討が加速するなど、いっそうの進化の兆しが見えてきています。また社外からも、新しい企業価値に早速賛同するメッセージを多数頂戴しております。