Pd RARADOX

HOME > ブランディング事例 > 社会福祉法人 一燈会さま

生活を支援する介護から、「できる」をふやす介護へ。
新しい使命で、仕事の目的意識を高め、
地域に生きがいを燈そう。

CLIENT:社会福祉法人 一燈会さま

  • 理念構築
  • 企業ブランディング
  • 採用ブランディング
  • 神奈川県

一燈会様は神奈川県小田原市を中心に介護福祉領域における施設運営を行っている社会福祉法人です。医療先進県と言われる神奈川で、地域に根ざし、医療と介護が一体となった複合施設の開業や、質の高い介護士の育成など、業界に先駆けた新しい事業に取り組んでいます。パラドックスは採用プロモーションのご依頼をきっかけに、法人の幹となる企業理念やロゴの策定、理念を軸とした組織活性など、ブランディングをトータル的にサポートさせていただいています。このプロジェクトの一環の取り組みについて、一燈会の山室淳理事長にお話しいただきました。

#0 ご依頼のきっかけと課題感


山室様

私たち介護業界は採用が難しいといわれています。希望を持って入社しても、現場の大変さから離職してしまう人が多い業界です。さらに私たち一燈会は、神奈川県の県西部という土地柄もあり、都心のように人材流入が難しい。新卒採用を積極的にやっていきたいと考えている中で、何とかして私たちの魅力を伝えることができないか。そんな時にパラドックスさんと出会いました。一燈会では、地域を巻き込んだ複合型介護施設や、介護業界に先駆けたIoTや教育研修など、エポックメイキングな取り組みはあるものの、どのように一貫して打ち出せば良いかわからずにいました。しかし、パラドックスさんが自分たちでも気づいていなかった魅力を引き出してくれ、自分たちが当たり前のようにやっていたことを、強い魅力として打ち出すことができたのです。

▲採用コンセプトから策定をした採用リーフレット

#1 採用から理念・ロゴの一新プロジェクトへ


山室様

採用の中で、自社の魅力を言葉にしていくうちに、私たちにとって本当に必要なものが見え始めてきました。それが新しい理念をつくるということでした。一燈会は創業から約30年を迎え、ちょうど先代から私へと事業継承したばかりでした。組織体制が大きく変わり、新しい未来を描いていく強い理念の必要性を感じました。創業からある「誰よりもお客様の身になって」という理念は経営の原則ではありましたが、5年先、10年先を見据えた時にみんなの旗印になる理念になっているのだろうか。その視点から考えても、早急に見直しをするべきだと思ったのです。

 

そのようなタイミングで、長崎の社会福祉法人「愛隣会」様の事例についてお聞きし、実際に長崎の法人見学もさせていただきました。そこで生き生きと働くスタッフのレベルの高さや、法人としての一貫性、まさに「理念の力」を自分の目の当たりにし、早速、各事業所の責任者と次世代を担う若手スタッフを中心に新理念策定のプロジェクトチームを結成することになりました。

 

※愛隣会様の事例はこちらからご覧いただけます。

 

パラドックスさんにファシリテーションをしていただき、何ヶ月もセッションを重ねました。先代の現会長にもインタビューをし、引導を渡していただいたこと、そこから変えるべきこと、変えてはいけないことを議論できたことは、私たちにとって非常に意義深い時間でした。セッションは、参加したメンバーそれぞれが、日頃大切にしていることや会社が目指すべき方向性に対して、否定せずに意見を出し合えたのがよかったと思います。アイデアの量も増えました。やりたいことをみんなで作り上げていく「部活動」みたいな雰囲気でしたね。セッションの翌日は、施設長が元気になって出社してくるという声もあったほど活気に満ちていたと思います。

▲プロジェクトメンバーとセッションの様子。

#2 「生きがいのある人生に、挑む。」


山室様

介護業界では、お客様の生活をサポートする介助から、お客様の自立を支援する自立支援介護という考え方がスタンダードになりました。しかし、私たちは、さらにもう一つ先の介護があると考えています。それが、セッションを通して紡いでいった「生きがい」という言葉です。歩ける、食べられる、といった自立の先にある、「働きたい」とか「家族と旅行に行きたい」といった生きる喜びを支援する。自己実現や他者貢献の欲求を満たせる次元の高い介護。私たちはそこを目指そうよと。実際に私たちの施設では、お客様自らが施設の仕事を手伝うことでポイントが貯まり、ご家族に還元できる仕組みにも取り組んできました。自社の強みやらしさを一つ一つ紐解いていくことで、「生きがいのある人生に、挑む」という新たな存在意義が生まれたのです。

 

ミッション・バリュー・スピリット、そして合言葉となるスローガン「生きがい、燈そう」という言葉が生まれました。それと同時に法人の顔となるロゴマークも一新しました。お客様もスタッフにも、地域にも、地域に、生きがいを燈していく。その決意を老若男女の満遍の笑みで表現していただき、いわゆるセンシティブすぎる介護のイメージを、いい意味で壊していけるものになったのではないでしょうか。

▲各施設に張り出しているポスターに。

▲ロゴの意味を伝えるムービー

▲一燈会様の根幹にある理念を紐解いたコンセプトムービー

▲理念から伝えるウェブサイト

#3 得られた成果と今後の展望


山室様

新しい理念やロゴマークは、2019年12月の忘年会で全社員に発表しました。理念を変更した目的や、想い、今後の方向性についてをプレゼンし、動画を見て泣いているスタッフもいました。プロジェクトメンバー以外にも、しっかり響くものになったことがとても嬉しく思います。同時に、会社や組織の原点である理念づくりを、これまでいかに曖昧にしてきたかも痛感しました。

 

2020年度からは、理念策定プロジェクトメンバーに、さらに若手のメンバーを加え、理念浸透および理念を軸にした組織活性プロジェクトをスタートさせています。それぞれの施設、部署ごとに、自分たちらしい施策のアイデアを出し合いながら、既に施設の中で、お客様の「生きがい」を考えるワークショップを開催しているところもあります。組織が目指す方向性を言葉にすると、大切にしていたことが明確になるだけではなく、新しい事業や顧客サービスの広がりも感じられる。私自身も、理事長として、事業計画や新規事業の立案が増えています。

 

この一連のプロジェクトにおいて、パラドックスさんが本気なので、こちらも本気で返さなければと思っていました。企業が成長していくにはステップを踏みながら時間をかけて解決していくしかありませんから、ぐらついた地盤の上にビルを建てたら崩れるのと同じで、一個一個しっかりとやっていかないといけない。だからこそこれからも、ブランド、組織づくりのを共に伴走していけるパートナーとして、大いに期待しています。