Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 阪和興業株式会社

CATEGORYインナーブランディング 採用ブランディング 

CREATIVE採用ブランディングの制作物

TYPE重工業業界

AREA大阪府 東京都 

CLIENT阪和興業株式会社

阪和興業株式会社 | はたらく言葉たちワークショップ・はたらく言葉たちブック

クライアント紹介・制作背景阪和興業株式会社は1947年に創立された企業で、現在は鉄鋼事業を中心に非鉄・金属原料、食品、石油・化成品、木材、機械などの多角的な事業における国内販売および輸出入を行っています。このたびは、採用の場面で学生に阪和興業でのリアルな仕事や意義を感じてもらうということと、社内における社員同士の価値観共有のためという二つの軸を持つコンテンツ制作のご要望がありました。そこで、弊社がおこなう「はたらく言葉たちワークショップ」の実施を通して、阪和興業さまならではの「はたこと」制作を行いました。

※はたらく言葉たちとは、誇りを持ってはたらく人々の想いを紡いだ言葉集。弊社が2011年より毎年制作しています。はたらく言葉たちワークショップは、実施させていただく企業さまならではの「はたらく言葉たち」ブックを制作するためのワークショップです。

コンセプト・アウトプットまずは、ワークショップを通して阪和興業の皆さまの「はたらく言葉たち」を抽出してきました。「阪和興業ではたらくということ」や「印象に残っている仕事」などから、阪和興業さま「らしい言葉」を集めました。その後、「はたらく言葉たち」をブックにする段階で、あえて字体やフォントをまちまちにしたり、紙の色を統一しないデザインにしたりすることで、言葉の抽出時に見えてきた個性の豊かさ、人との関わりでの優しさや温かさ、強さなどの阪和興業らしさを表現しています。また「売りことば 買いことば」というネーミングは、荒々しくも愛のあるストレートなコミュニケーションが成される関東・関西の文化が共存する阪和興業さま特有の風土を表しています。「売りことば」には社内で行き交う「らしい言葉」という意味が、「買いことば」にはお客様から見た「阪和興業らしさ」の意味が込められており、阪和興業で働く人の言葉だけでなく、お客様からの言葉も含めて制作されたブックになっていることを表現しました。

効果はたことワークショップから行うことで、自分やメンバーの価値観、またそれ以前のお互いの背景を知る機会となり、多様性に富んだ企業であることや、その多彩さから阪和興業が成り立っているということの認識の場となりました。また、採用面においてもこの「売りことば 買いことば」が、学生に対し誇張のない等身大の阪和興業を伝えるためのコンテンツとなる1冊になりました。