Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 石坂産業株式会社

CATEGORYコーポレートブランディング 

CREATIVEコーポレートサイト/企業ホームページ

TYPE産廃処理業

AREA埼玉県 

URLhttps://ishizaka-group.co.jp/

石坂産業株式会社|コーポレートサイト

【クライアントの要望/課題】同社が貫いてきたのは、ゴミにしない技術。プラントでは産業廃棄物の98%を減量化・再資源化率しています。めざす未来は、人と自然と技術が共生する社会。そのためには社会や一人ひとりの意識を変えていく必要がありました。その一方で課題となっていたのは「産業廃棄物業界」の持つイメージゆえか、石坂産業さま本来の姿が伝わっていないという現実。同社の想いを実現し、社会を変化させていくためには、志を正しく理解し、共感していただき、水面に波紋が広がるようにムーブメントを起こしていく必要がある。いかにして「見える化」するか、が重要な課題でした。

【コンセプト/アイデア】Mission「自然と共生する、つぎの暮らしをつくる」
Slogan「自然と美しく生きる」

一人ひとりの意識を変えていく必要がある一方で、世の中の人々の廃棄物に対しての関心はそれほど高くないと考えられます。そこで、このコーポレートサイトでは、世の中の現実を直視させ、しっかりと問題提起することを意識して設計しています。さまざまな取り組みを行う同社ですから、有言実行するその姿をしっかりと発信し、共感していただける方を増やしていく。情報発信のプラットフォームとしてWEBサイトを再構築していきました。同時に、環境教育を担う三富今昔村についてもブランドの立ち位置を整理し、集客をメインとしたWEBサイトへと生まれ変わらせました。

【効果/クライアントさまのお声】◎会社・施設見学の来場者数か8000人から4万人へ
◎カンブリア宮殿やYahoo!ニュースをはじめ、多数のメディアに取り上げられている
◎海外の大使など (40カ国以上)が環境・廃棄物処理について学ぶ場として来場
◎京都大学などの上位校・環境に興味ある学生の採用、 幹部候補の中途採用に成功
◎SATOYAMAと共に生きるEXPOは2日間の開催で1万人がご来場。