Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 川崎重工業株式会社

CATEGORYカスタマーブランディング 

CREATIVEプロモーション/ムービー

TYPE重工業業界

AREA東京都 兵庫県 

CLIENT川崎重工業株式会社

このブランディングプロジェクトを見る

川崎重工業|ロボットカンパニーブランドムービー『ONETEAM 明石・西神戸工場 ロボットビジネスセンター紹介動画』

クライアントの課題/要望
産業用ロボットは、ロボット単独ではその力を発揮することはできません。使用する産業や工場のラインを踏まえ、どのように人や他の産業機器と連動させていくかというシステムインテグレートが必要不可欠です。多くのメーカーでは、ロボットの生産とシステムインテグレートを別の会社が担当しているケースが多いのですが、川崎重工の場合は、営業からシステムインテグレートまで、ワンストップで担うことで、全体最適を図りながらソリューションを提供することが可能でした。機能面での差を伝えるだけでなく、そのワンストップ、ワンチームによるサポート体制まで伝えることで、他社との差別化を図る必要がありました。

コンセプト/アイデアワンストップ・ワンチームを表現すべく、実際のシュールームに世界各国の社員を集め、バリューチェーンの流れを、工場の流れるようなラインをイメージさせながら、ワンカット編集で表現しました。さらに、ロボットを通じて提供している本当の価値、つまり「クライアントのビジネスに、最初から最後まで一つのチームとして寄り添うという安心・安全感」を伝えるために、世界中の社員の集合映像を用いて、ワンチーム感を創出しています。

効果/クライアントさまのお声
「大切なのは、ロボットそのものの性能…だけでなく、ロボットを通して、あなたのビジネスに安全と安心を届けることだとKawasakiは考えます。Kawasakiはあなたのチームです。」一見、表現しにくいですが、このビジネスを成功に導くサポート体制を映像で伝えることができ、商談の際にも、性能面以外での、他社との差別化要素の一つになっています。また、実際の社員のいい味での素朴感がお客様からも好評で、商談でも話題にも上がるそうです。