Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 日鉄鉱業株式会社|ブランディングムービー/採用ムービー

CATEGORY採用ブランディング 

CREATIVE採用サイト/採用ホームページ

TYPE鉱業・非鉄金属業界

AREA東京都 高知県 青森県 

日鉄鉱業株式会社|ブランディングムービー/採用ムービー

クライアントの課題/要望鉄鋼用石灰石の生産量日本一を誇る総合資源会社である日鉄鉱業。創業は昭和14年。以来、石灰石をはじめとする地下資源の開発で、日本の基幹産業へ原料供給を果たしてきました。採用の課題は、新卒社員の離職率の高さ。原因は、就活時の勤務イメージと入社後の実務に大きなギャップがあることでした。本社が丸の内にあることや、資源やエネルギーを扱うダイナミックな会社という背景から、商社のような働き方をイメージして入社してくる学生が多かったのです。しかし、実際に働くのは自然に囲まれた鉱山。働く環境だけでなく、田舎生活に慣れず、会社を後にする社員がいました。

コンセプト/アイデア解決策として真っ先に考えられたのは、ありのままに伝えるという原点。つまり「鉱山で働き、山で暮らすのだ」という姿を、きちんと理解した上で入社してもらうことです。普段の生活で感じることのない、雄大な自然を相手にする「でっかい生き方」。鉱山で働くということは、生き方を移すということ。大自然の中でおおらかに生きることがもたらす“人間的な成長”にフォーカスを当てました。採用スローガンは「大きな人になろう。」という言葉です。
 
Short Movieでは、言葉では伝えきれない、職場のスケール感や山の暮らしのリアリティを視覚的にアピールすることで、より深い理解を促しました。撮影では実際に1週間ほど鉱山へ赴き、現場社員に密着。切羽、地下プラント、海岸プラントなど各セクションの仕事風景や、山の麓で家族と暮らす日常のシーンを映像に収めていきました。BGMには、昭和30年代後半から、日鉄鉱業の各事業所で歌われていた「鉱山野郎」という歌を採用。現在の社員さんが聞いたことのない幻の歌を、現代風にリメイクしています。

効果/クライアントさまのお声おおらかな山の暮らしを前面に出した採用メッセージによって「鉱山で働きたい」という強い志望動機を持つ学生が集まるようになりました。一貫したコンセプトを軸に制作したツール展開によって、事前の理解・認識のミスマッチも減り、内定辞退者が減少。特にShort Movieでは、文章や写真だけでは伝えきれない、ありのままの日鉄鉱業をスピーディーかつエモーショナルに伝えることができ、学生の印象に残りやすいコンテンツとして一躍を担っています。最大の課題点であった“入社後のギャップによる離職”も減りました。