Pd RARADOX

HOME > BUSINESS > CUSTOMER BRANDING

CUSTOMER
BRANDING

志に共感するファンを
起点にしたコミュニティーづくり。

商品やサービスで溢れる現代では、ブランドに込めた想いに共感し、愛し、周囲にも勧めてくれるファン(ブランドパートナー)をいかに増やせるかに、カスタマーブランディングの成功はかかっています。ブランドが持つオンリーワンの価値やストーリーを言語化し、コアターゲットとなる「ブランドパートナー」を起点に、周囲のコミュニティーへと伝播するように広がっていく、共創・共育を通じたブランドづくりをしていきます。

CASE EXAMPLES

  • 自社商品・サービスの差別化ができていない
  • 自社ならではの価値をもった新ブランドを立ち上げたい
  • ブランドのファンをつくり、広げていきたい

PROCESS OF CUSTOMER BRANDING

  • PHASE 01

    事前調査

    2month〜

  • PHASE 02

    ブランドアイデンティティ構築

    6month〜

  • PHASE 03

    コミュニケーション戦略

    continuously

PHASE 01

事前調査

経営者や社員のインタビューを行い、ブランディング上で課題になりうる点を事前に把握。目指すべきブランドの姿や、ターゲット像など、アイデンティティ構築に必要な情報を整理・分析します。

実際のフロー例
  • 経営者インタビュー調査/分析

  • 社員インタビュー・アンケート調査/分析

PHASE 02

ブランド
アイデンティティ
構築

01.ブランドパートナーの策定

経営者や社員を交えたディスカッションを通して、ブランドを周囲に勧め、長期的なファンになり得る「ブランドパートナー」のキャラクター(ペルソナ)を探ります。どのようなライフスタイルを送り、どのようなインサイトを持つのか。また、その人にはどのようなメッセージを訴求することが有効なのかを考察します。

・長くブランドを利用してくれる顧客 ・周りにブランドを勧めてくれる顧客 ブランドパートナー とは? ブランド パートナー ブランド価値の発信 顧客 潜在顧客・長くブランドを利用してくれる顧客 ・周りにブランドを勧めてくれる顧客 ブランドパートナー とは? ブランド パートナー ブランド価値の発信 顧客 潜在顧客

「ブランドパートナー」の顧客満足が高まる活動を行うことで、
顧客自らがブランドの魅力を広める伝道師となり、
既存・潜在顧客に自然と情報が発信されていきます。

02.ブランドアイデンティティの考察

事前ヒアリングを通して立てた仮説やプロジェクトメンバーとのディスカッションを通じて、ブランドのDNAやらしさ、強みを分析・抽出します。また時代の要請、市場の状況、競合他社も考慮しながら、ブランドのミッションやビジョン、さらにブランドパートナーに提供すべき価値を考察し、策定します。

実際のフロー例
  • DNA・らしさ考察

  • 時代の要請考察

  • 提供価値の整理

社会・顧客のNEEDS 世の中・時代の課題・要請 真の顧客 ブランドパートナー MISSION 提供価値 企業・商品のSEEDS DNA・らしさ社会・顧客のNEEDS 世の中・時代の課題・要請 真の顧客 ブランドパートナー MISSION 提供価値 企業・商品のSEEDS DNA・らしさ

03.言語化(ワーディング)

ブランドが果たすべき使命、目指したい未来、世の中に提供する価値を言語化します。そのブランドにフィットしたニュアンスで表現できるように、経営者やメンバーとのすり合わせを繰り返しながら、オンリーワンのストーリーへと研ぎ澄ませます。必要に応じて、マーケット調査や顧客へのインタビューも行い、フィードバックを受けながらブラッシュアップすることも可能です。

実際のフロー例
  • ミッション・ビジョン・バリュー開発

  • スピリット開発(サービス業などで推奨)

  • マーケット・顧客調査(アンケート・デプス
    インタビューなど) / 分析

ブランドアイデンティティの全体像  VISION 実現したい未来 企業軸 未来軸 VALUE 約束する価値・強み MISSION 日々果たすべき使命 個人軸 SPIRIT 大切にすべき精神 キャラクタライズ 人格の言語化 ブランドパーソナリティ シンボライズ 五感に訴える具象化 言語領域 スローガン・ネーミング 視覚領域 / ビジュアルアイデンティティ ロゴ・カラー・パッケージ等ブランドアイデンティティの全体像  VISION 実現したい未来 企業軸 未来軸 VALUE 約束する価値・強み MISSION 日々果たすべき使命 個人軸 SPIRIT 大切にすべき精神 キャラクタライズ 人格の言語化 ブランドパーソナリティ シンボライズ 五感に訴える具象化 言語領域 スローガン・ネーミング 視覚領域 / ビジュアルアイデンティティ ロゴ・カラー・パッケージ等

04.シンボライズ

言語化したアイデンティティをもとに、ブランドのスローガン、商品やサービスのネーミング、ロゴやカラーの策定など、伝わりやすい表現に落とし込みます。また、価値をわかりやすく「見える化」するために、新しいブランドを象徴するサービス・商品を開発することもあります。

実際のフロー例
  • スローガン・ネーミング・ビジュアルアイデンティティ策定(ロゴ・カラーなど)

  • ブランドパーソナリティ開発

  • 象徴的なサービス・商品の開発

PHASE 03

コミュニケーション
戦略の設計・実施

ブランドと顧客のタッチポイントの設定や、各タッチポイントでの施策を検討し、「ブランドエクスペリエンスマップ」を策定。各施策を行うフェーズにおいては、広報・PR・宣伝領域だけでなく、たとえば店舗スタッフのサービス向上や、お客様と共創して開発する商品など、短期的なコミュニケーション活動だけでなく、長期的な視点でブランドを成長させるための活動も行いながら、戦略的にブランドパートナーのファン化を進めます。ブランドに関わるあらゆる経営活動を有機的につなげ、相乗効果を生むこと。そして、年を重ねるごとに、積み上げるようにブランド力を高めていくことを大切にしています。

実際のフロー例
  • ブランドエクスペリエンスマップの策定

  • 伴走型のブランディング活動